詐欺サイトにご注意を

インターネット販売をしているお店の中には、異常に安く販売されている販売店もございますが、このようなサイトは詐欺サイトの可能性があります。

非常に安い価格を表示することで購入者を誘い、振り込み先口座に入金をしても商品が届かないといった手口が一般的のようです。
商品を購入する際は、他店と比較して異常に安い販売店はご注意下さい。

商品を購入する際には、販売サイトを運営している会社名、代表者名、連絡先の記載されているページを確認しましょう。

ネットで販売を行うためには「特定商取引法通信販売法に基づく表示」 を記載するよう、法で規定されています。
この表記の無いサイトや、会社概要やプライバシーポリシーといった自社の情報が記載されていないサイトは詐欺サイトである疑いが非常に高いです。

会社名や代表者名が記載されているテキスト部分を選択してみましょう。

特定商取引法や会社概要といった、企業の概要を記載されているページが書いてあるからと安心してはいけません。
このようなページをを見つけたら、会社名や代表者名が記載されている部分をマウスでドラックしてテキストを選択してみてください。
テキストの選択部分が青く反転しない場合は会社情報に画像を使用しています。このように会社情報に画像を使用するのは詐欺サイトの特徴です。

会社名や代表者名を検索してみましょう。

会社名や代表者名をYahoo!やgoogleで検索するのも良いですが、別ウインドウで検索ページを開き、 正確に入力するのは手間ですよね。
そこでもっと簡単に素早く正確に検索する方法があります。

 右クリックをした際、この「○○で△△を検索」が表示されない時は上記で会社名などを選択し他状態で右クリックをすると、カーソル横にメニューが表示されますので、「○○で△△を検索」を選択してください。

*○○部分は使用しているブラウザ設定で異なります。△△は選択したテキスト部分(青く反転している部分)です。 選択部分で検索した結果が表されます。社名や代表者名で検索して詐欺サイトとして報告されていないか確認してみてください。 テキストではなく画像を使用しています。
会社の概要、連絡先などに画像を使用しているサイトは、先の項目に記載しているように詐欺サイトである可能性が考えられます。
会社名や連絡先に画像を使用するのは、会社名や代表者名を検索させないためですね。

送付先住所などを入力する際、アドレスバー横に南京錠マークがあるかご確認下さい。

クレジットカード番号や住所等、個人情報等を入力する際、情報が外部に漏れたり悪用されないように 販売店は入力された情報を外部のセキュリティ会社を介してユーザーとやり取りします。
しかし販売店はセキュリティ会社から 「信頼の置ける販売店である」と認定されなければセキュリティ会社を介することが出来ません。
アドレスバーに南京錠マークがあるサイトは、 「セキュリティ会社が間に入っています」という印です。つまり個人情報等を入力するフォームのアドレスバーに南京錠マークのないサイトはセキュリティ会社を介さずに情報をやりとりしているサイトということになります

こちらもあわせてご参考下さい。

詐欺サイトで被害にあってしまった場合は、

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧

から、最寄りの窓口へご相談下さい。